電話応対・電話対応|電話で顧客満足を向上させるためのマニュアル::クレーム電話応対特有の話法 TOP > クレーム電話応対の基本 > クレーム電話応対特有の話法

クレーム電話応対特有の話法

正式に謝意を示さなければいけないときの表現
 ・誠に申し訳ございませんでした

非公式な謝意・いたわりの表現
 ・説明がいたりませんでした
 ・ご不便をおかけしてしまいました

クレーム内容に同意するときの表現
 ・ごもっともです
 ・おっしゃるとおりでございます

承った内容を理解し、確認するときの表現
 ・確かに承りました

そのようなことは起きるはずがない、担当者と確認を取らなければいけないときの表現
 ・早速調べまして、すぐにお返事申し上げます
 ・上司と相談いたしましてお電話いたします
 ・わたくしの一存では判断いたしかねます
 ・すぐに確認いたしまして、お返事させていただいてもよろしいでしょうか?

自社の間違いが判明したときに謝意を示す表現
 ・わたくしどもの手違いでございました