電話応対・電話対応|電話で顧客満足を向上させるためのマニュアル::否定表現を使わないことで好感度アップTOP > 電話応対の基本 > 否定表現を使わないことで好感度アップ

否定表現を使わないことで好感度アップ

電話応対は「声だけでする接客」です。

電話応対は「会社の顔」であり、電話を下さったお客さまや組織外の人にとっては、電話応対の担当者こそが会社やお店の代表者なのです。

電話応対は単に「卒なくこなす」というレベルで済む業務ではなく、もっと創造的な業務だと考えましょう。

会社の顔である電話応対を、より高品位にしていくためには、何より「心理的な満足度」を意識していく必要があります。

たとえ、お客様のご要望に応えられなくても、取次ぎ相手が不在でも、お客様に好印象を与えられれば、電話応対は成功なのです。

では、「好感度が高い電話応対」とは、どのような電話応対なのでしょうか?

好感度をアップさせるときに、何よりも基本となる原則は「相手を尊重し、特別感」を与えることです。頼まれたことは迅速に対応し、正確に伝えることだけでは好感を持たれません。

好感を持ってもらうためには、あんあたが相手を尊重した言葉遣い、表現を心がけていくことが求められます。相手を尊重した言葉遣い、表現とはどんなものでしょうか?そこでキーとなるのが「否定表現は使わない」ということです。

否定表現にも強い否定と軽い否定があると思います。いかに軽い否定とはいえ、お客様に否定的な表現を伝えると、お客様は潜在意識的に「よくない感情」を持つことになります。

たとえば、

「そのような対応はいたしかねます」

という表現は禁止です。このようなときは、

「○○といった対応はいかがでしょうか?」

というように、代替案を提示して肯定的な表現に置き換えます。

このように否定表現とは、「相手を否定する表現」のみではありません。あらゆることについて、「否定的な表現」をしないということなのです。

「ない」「できない」といったマイナスのイメージを使うこと自体が、声のみのコミュニケーションではよくないことなのです。声のみでコミュニケーションをとるときには、細心の注意を払ってポジティブなイメージを伝えていくようにしましょう。